インターネット広告| WEBコンサル・営業支援ならアサーティブ

06-4394-8765

Internet Advertisingインターネット広告


インターネット広告
普及とその背景

日本の総広告費は5年連続で前年実績を上回っており、
その中でインターネット広告費は2016年で初めて1兆円を超え、
従来の新聞・雑誌媒体は大きく超え、テレビ広告の市場規模に追いつく規模で拡大を進めています(電通調査)。

その背景としてインターネット技術の発展は、
従来の広告・宣伝=莫大な費用を要するため一部の大手企業が行う少ないマスから、
ターゲットを絞る技術の発展により「少ないコスト」でも広告を出すことが可能となり、
誰でもトライできるようになりました。

またそこにはスマートフォンの普及に伴い
メディア(発信)自体がインターネット上にシフトしているという背景も大きく、
それにともない新しい広告手法が日々生まれております。

アサーティブの考える『インターネット広告 成功の法則』

成功のための基本は「いつ」・「だれに」・「どのように」発信していくのか、
それに尽きるといえるでしょう。
お客様の営業課題を総合的に理解し、
コンサルティングすることが強みのアサーティブだからこそ、
インターネット広告を活用し成果を出すことができると考えます。

※画像はタップで拡大できます。

アサーティブだからできるインターネット広告で成果を出すチカラ

  • 1. 「リアルな顧客の声」×「WEBからの顧客の声」を掛け合わせ広告を展開します

    アサーティブではまず現場の営業マンが知っている「顧客のリアルの声」を理解することから始めます。
    そしてそこに広告運用担当者のアクセス解析から得られる「WEBから見える顧客の声」をかけあわせ、問い合わせにつながる有効なキーワードを見つけ出し反映させていきます。

  • 2. 営業戦略の理解があるからできる
    「営業フェーズにあった提案」

    ひとえにインターネット広告といってもその種類はとても多く、
    多くのインターネット広告の代理店は自社の取り扱いのある広告商品ありきで提案をします。
    しかし、アサーティブでは貴社専任の営業担当が、
    貴社の戦略を共有しているからこそ、今どの層にアプローチをするべきなのかを理解し、最適な広告手法を提案します。

  • 3. 広告に必要不可欠な
    「コンテンツ(LP・バナー)の制作」もまとめてお任せ

    インターネット広告で問い合わせを獲得するためには専用ページの制作がかかせません。
    またディスプレイ広告においてもバナー制作は必須です。
    アサーティブでは自社内のデザイナーが貴社「商品ブランドイメージ」と「集客するためのノウハウ」を掛け合わて最適なコンテンツを制作します。
    一般的な代理店では制作はさらに下請け企業に依頼をするため料金が高くなる傾向がありますが、アサーティブでは社内で制作をするためリーズナブルな料金で提供できるのです。


取扱メニュー

1,000社の運用実績を誇る運用担当者が、すべての媒体を網羅的にコントロールします。
個別の媒体ではなく、ユーザーのモチベーションを軸として総合的にご提案します。

主要取扱メニュー

  • Yahoo!プロモーション広告
    (スポンサードサーチ)
  • Google AdWords
    (検索連動型広告)
  • Yahoo!ディスプレイネットワーク
    (YDN)
  • Google AdWors
    (ディスプレイネットワーク/GDN)
  • Google AdWord
    (TrueView動画広告)

1. 分析レポートを用いての振り返り

経験豊富な運用コンサルタントが定例報告会にて、
実行した施策の振り返りと次への課題設定を行います。
戦略的なPDCAをまわしていくことで、成果の最大化を追求します。

2. Google アナリティクスの設定

Google アナリティクスは、
Googleが提供している無料で高機能なアクセス解析ツールです。
WEB施策の成果を測るにはGoogle アナリティクスの利用は欠かせません。
設置が初めての方にはアカウントの取得、利用するための各種設定も
お手伝いいたします。

アサーティブがお手伝いする『インターネット広告』

リスティング広告

リスティング広告とは、ユーザーが検索したキーワードに応じて掲載がされるので、
検索連動型広告とも言われています。表示方法はテキスト形式で、クリックをされると課金がされる仕組みとなっています。

広告主はユーザーが検索するキーワードに対して出稿し、
オークション形式で掲載の順位が決まります。

リスティング広告の
メリット

ユーザーは何かしらの意図をもってキーワードを検索し、そのキーワードに関する情報を欲しています。広告主はキーワード単位で広告を出稿できるので、そのキーワードを検索したユーザーにダイレクトに広告を出すことができます。

商品を購入するために情報を検索している「今すぐ客」を獲得するために、リスティング広告は最も有効です。需要が顕在化しているユーザーにアプローチができるため、即効性のある施策とも言われています。
ユーザーの興味関心が何かを細かく見極め、それに対してキーワードを細かく設定していくことで、より成果をあげていくことが可能です。

ディスプレイ広告

ディプレイ広告とはサイト上に掲載される広告の事で、 Yahoo!やGoogleが2大ネットワークとなっており、媒体によって広告が配信されるサイトが異なります。

最近では、配信対象のセグメントが細かく設定できたり、動画バナー広告の配信が出来たりと、 出来る事もどんどん増えており、また広告が掲載される場所も多様化しています。

リスティング広告との違いは、 リスティング広告は需要が顕在化している「今すぐ客」に対して有効であり、 ディスプレイ広告はまだその手前の「見込み客」に対してアプローチする方法と言われています。

ディスプレイ広告の
メリット

ディスプレイ広告も一度サイトを訪れたことのあるユーザーに対し、
追いかけてリーチする「準顕在層」向けの広告(リマーケティング・リターゲティング)と、
「潜在層」ユーザーに向けての方法があります。

「潜在層」を狙う方法では、リスティング広告とは異なり、検索していないユーザーに閲覧サイト上で接触する為、ニーズが潜在的で直接コンバージョンに結 び付きにくいですが、より広い層にリーチを広げられるというメリットがあります。

インフィード広告

スマートフォンの普及により急速に増えている広告で、
ソーシャルメディアやモバイルサイトのフィード(feed)の中(in)に表示される広告という意味で、コンテンツとコンテンツの間に表示される広告のことを指します。
FacebookやTwitterなどのSNSや、キュレーションメディア、ニュースアプリなどでよく利用されています。
最近では動画などのコンテンツも配信できるメディアも増えてきているのが特徴です。

インフィード広告の
メリット

最大のメリットはコンテンツとコンテンツの間に表示されるためユーザーの目に入りやすいというメリットがあります。
その目的は広告色を少なくし、コンテンツの一部のように見てもらうことであり、
クリック率も高い傾向にあります。

その内容もユーザーが関心をもって読むような記事風の広告内容にすることで、
結果的に商品への関心を深めることができるというメリットがあります。

DSP広告

DSPとはンターネット広告において広告主の効果の最大化を目的としたツールで
Demand Side Platform(デマンド サイド プラットフォーム)の略語です。

DSP広告とはそのツールを利用し、複数のアドネットワーク(広告媒体ネットワーク)に
対して、その中から配信対象を選択して接触をしていく広告手法です。
DSP広告の登場により、従来の「枠」に配信をするという考え方から「人」に配信をするという、新しい考え方が登場しました。

DSP広告の
メリット

ユーザーのデモグラフィックデータやサイコグラフィックデータを、
個人が特定できない形で収集することができるDMPというプラットフォームを利用し、
「人」に対して広告配信を行います。

性別・年齢、都道府県、興味関心、検索、行動履歴などのデータをもとに、
配信先を絞って配信ができるというメリットがあります。

SNS広告

インターネットユーザの6割以上が利用するといわれている
SNS(ソーシャルネットワークサービス)を媒体とする広告です。

有名なのは「LINE」や「Facebook」、「Twitter」などで、
スマホの普及により急速に伸びてきている広告手法です。

SNS広告の
メリット

SNS広告の最大の特徴であるユーザー同士の共有・拡散により、
自動的に記事や広告が広がっていきます。

SNS広告は通常の投稿と一緒に表示されるので、自然と利用者の目にとまることや、
ターゲットを詳細に設定できることが特徴です。
またまた、運用を除けば比較的安価で行える施策です。

こんなお悩みありませんか?

  • あたらしい手法や商品がどんどん登場し、試してはいるものの、
    実際今は何がベストなのかイマイチわからない。
    自分と同じように総合的に考えてくれるパートナーが欲しい。
  • 代理店にLPやバナー制作を依頼したが、
    料金が高くでびっくり!
  • 取り扱い商品ごとに代理店が違うため、都度素材の提供や
    コンテンツの準備が発生するので手間で仕方がない。
  • インターネット集客でユーザーの興味は分かったが、
    自社に営業マンが少なく、実際の商談までもっていける
    パワーが足りない!
  • 集客を通じて改善点が見つかった。しかしコンテンツ制作は自社でできないため、スピーディーに進まない。


料金一覧

インターネット広告

導入費用 無料
広告費 10万円~
代行費用 広告費の20%
コンサルティング 5万円

※ 広告費・コンサルティング料は月額での金額です。
※ 表示は税抜き価格です。

アサーティブは営業戦略を成功させるための
連動施策で
インターネット広告の成果を
最大化させます。

直販営業(営業アウトソーシング)と連動した
アプローチをしたいなら

インターネット広告を行った結果を分析することで、
「お客様の関心のあるキーワード」が何だったのか
「どのページから問い合わせにつながったのか」ということが分かるようになります。

そのノウハウを直接営業に連動させることで、お客様の関心ポイントを理解したアプローチができるようになり
アポ率の向上・質の良いリード(見込み客)の獲得につなげていくことができます。