WEBコンサル・営業支援で売上アップ・コスト削減・効率化|アサーティブ

06-4394-8765

【2019年最新版】インディード広告を取り扱う代理店の種類・特徴まとめ

インディードの求人広告は自社でも運用できますが、成果を求めるなら代理店の利用がおすすめです。ただし、インディード広告を取り扱う代理店にはいくつかの種類があり、それぞれ強みが異なります。

意外と知らないインディード代理店。そこで今回は、インディード広告の運用を依頼できる代理店の種類と、各代理店の特徴についてまとめました。インディード導入で代理店の利用をご検討中の方は、ぜひ参考にしてください。

目次

■インディード広告を取り扱う代理店の種類

①求人広告代理店

②採用管理システム会社

③Web広告代理店

■インディードはWeb広告と相性バツグン! おすすめの代理店は?

インディード広告を取り扱う代理店の種類

インディード広告の運用を依頼できる代理店には、大きく分けて以下のような種類があります。

・求人広告代理店系
・採用管理システム会社系
・Web広告代理店系

求人広告代理店としては、リクナビやマイナビ、タウンワークなどの従来の広告媒体を中心に扱っている会社が多いです。その事業の一部として、インディード広告の運用も行っているケースがあります。

また、採用管理システムを販売している会社が、インディード広告の運用代理店も兼ねている場合も多いです。採用における求人媒体の扱い方を知っているため、そのノウハウをインディード広告にも活用している会社があります。

そして、Web広告代理店はGoogle広告やYahoo!スポンサードサーチなどのリスティング広告、Facebook広告といったネットの広告を中心に、インディード広告の代行をしているところが多いです。

インディード広告の代理店を探す際には、上記のどのタイプに当てはまる代理店なのかをチェックしてみてください。代理店の種類によって、それぞれ以下のような特徴や強みがあります。

①求人広告代理店の特徴

まずは、求人広告代理店がインディード広告の代行も行っている場合についてご紹介します。求人広告代理店のメイン業務は、従来の求人広告媒体による採用活動のサポートです。大手の求人媒体には様々な企業が採用情報を載せているため、その中でいかにしてたくさんの応募を集めるかのノウハウを持っています。

特に、求職者に求人案内を見てもらうための求人ページタイトルの作り方や、何をアピールすれば人がたくさん来てくれるのかといったポイントを押さえているのが強みです。また、これまでの活動の中で、業種や職種ごとの訴求ポイントや、雇用条件の相場に関する知識も蓄積しています。

そのため、インディード広告においても、魅力的な採用ページを作るための方法や、求職者が応募しやすい雇用条件の見せ方を活用して、効果的な求人活動が可能です。

ただし、求人広告代理店がインディード広告を運用する際には、クリック率を上げたり上位表示させたりするネット広告の運用部分での側面が弱くなる場合があります。良い採用ページを作っても、インディードの求人検索エンジン上で適切な求職者に広告を表示させるノウハウがなければ、応募は集まらないため、注意が必要です。

②採用管理システムの会社の特徴

インディード広告の代理店の中には、採用管理システムを販売している会社が代理店事業も兼ねているところがあります。採用管理システムとは、求職者が応募してきてから採用者を決定するまでの進捗状況を一元管理できるツールのことです。求人活動を行っている時には様々な応募者との連絡やりとりが必要になるため、それらを間違いなく整理するために役立ちます。

そのため、採用管理システムを販売している会社は、求職者が起業の求人に応募して採用に至るまでのプロセスを把握しているのが強みです。様々な業種への導入実績がある採用管理システムなら、それだけ多くの求人募集ノウハウを蓄積しています。

採用管理システムの販売や導入、運用サポートによって培った求人ノウハウは、インディード広告の運用にも活用可能です。インディード広告では、どのような求人情報を掲載するかによって応募率や求人情報のクリック率が変わるため、より反応の良い広告を作る必要があります。採用管理システムの会社であれば、反応の良い求人の出し方について知っていることが強みです。

ただし、販売管理システムのメーカーはあくまでも管理システムのプロフェッショナルであるため、求人募集に特化した代理店や、ネット広告運用に特化した代理店と比べると蓄積している運用ノウハウに乏しい可能性があります。そのため、インディード広告の運用を完全に最適化できるかどうかは、担当者の実力次第となってしまうのがデメリットです。

③Web広告代理店の特徴

インディード広告の運用代行を行っている企業の中には、Web広告代理店がインディード広告も扱っているケースがあります。Web広告の代理店のメイン業務はGoogleやYahoo!といった検索エンジンに表示される広告運用のため、求人専門の検索エンジンであるインディードの広告運用も得意分野です。

さらに、最近ではFacebook広告やTwitter広告、YouTube広告といった様々な媒体のWeb広告運用を手掛ける代理店も増えてきています。また、Web広告代理店が扱う広告商材は業種も様々で、商品の販売から資料請求の獲得まで幅広いです。そのため、インディード広告の目的である求職者からの応募に関しても、メイン業務と同様のパフォーマンスを発揮できます。

インディードの求人広告は、どれだけ綺麗なページを用意していても検索時に表示されない限り意味がありません。その点で、Web広告代理店であれば、見込みのある求職者に対して低コストでリーチするためのノウハウが多いため、効果的な広告運用が可能です。

インディードはWeb広告と相性バツグン♪ Web広告代理店がおすすめな理由

インディード広告はネット広告と同様、広告を入稿したあとの結果分析と、改善のサイクルが大切になります。運用型広告と言われるのはそのためです。ですので、成果を出すのであればネット広告の仕組みに強いWeb広告代理店系の会社に依頼するのがおすすめです。

インディード広告は出来てからまだ間もない媒体のため、求人広告代理店や採用管理システム会社系の代理店は運用ノウハウの蓄積が少ない場合があります。一方、Web広告代理店であればすでにネット広告の改善ノウハウをたくさんストックしているため、インディード広告もスピーディーに改善することが可能です。

ただし、Web広告代理店でもインディードに認定された正規代理店非正規代理店があります。正規代理店はインディード社から求人検索の最新のトレンドや、アップデート情報などがリアルタイムに入手できますが、非正規代理店だとそういった情報の入手はできません。Web広告代理店を探す場合にはそのあたりも検討してみてください。

インディード認定パートナー企業一覧はコチラ↓↓

https://jp.indeed.com/%E6%B1%82%E4%BA%BA%E5%BA%83%E5%91%8A/adpartner#partner_list

もし、インディード広告の掲載にあたって代理店の活用をご検討中であれば、Web広告代理店系の代行会社への依頼をおすすめします。

インディード代理店をお探しなら正規代理店のアサーティブへ

https://assertive.co.jp/lp/indeed/indeed_lp