WEBコンサル・営業支援で売上アップ・コスト削減・効率化|アサーティブ

06-4394-8765

Twitter広告を行う前に知っておくべきターゲティング機能

Twitter広告とは

Twitter広告は、「自社Twitterアカウントのフォロワー数増加」「自社キャンペーンなどの拡散」「自社サイトへの誘引」などを目的に利用します。そもそもTwitterは若年層に人気が高く、特に10代~20代の男女が多いSNSです。その為、若年層をターゲットにしたプロモーションでは効果的な広告です。

Twitter広告の掲載面と特徴

広告掲載面は、「ユーザーのタイムライン」「おすすめユーザー欄」「検索結果」に広告を掲載する事が出来ます。Twitterは、世界で月間3億人のアクティブユーザーを抱えており、1日のツイートは、5億件を超えるほどです。そのTwitter広告は、圧倒的な拡散力・リアルタイム性があります。ユーザーが気軽に投稿・返信・フォロー・リツイートする事が出来て、フォローしているユーザー・企業からの投稿はタイムライン上にすぐに表示されます。Twitter広告も同様にすぐにユーザーのタイムライン上に掲載する事が可能です。

そんな拡散力・リアルタイム性を兼ね備えたTwitter広告では、さらにターゲティング機能を活用する事で質を高める事が可能です。

Twitter広告でのターゲティング機能とは

Twitter広告では、主に8種類のターゲティング機能を利用する事が可能です。様々な角度からセグメント(ターゲティング)出来る為、自社商品やサービスの特性を理解し、よりピンポイントなユーザーへ広告配信出来るようにしましょう。

それでは、Twitter広告のターゲティング機能をご紹介します。

  • 言語ターゲティング

特定の言語を利用しているユーザーへ広告を配信する事が可能です。

➁性別ターゲティング

男性/女性/男性・女性にターゲティングが可能です。

➂インタレストターゲティング

Twitterが用意した様々なカテゴリの中から100個まで設定が可能です。自社商品の興味・関心が合うものをセグメントする事で、自社ユーザーに近いユーザーに広告配信する事が可能です。

④フォロワーターゲティング

Twitterユーザー名を設定する事で、そのユーザーをフォローしている人に「属性が近しい人」へ広告配信をしてくれる機能です。競合や、自社商品を良く利用するようなユーザーを設定する事で、自社ユーザーに近しい方へ配信をする事が可能です。

➄端末ターゲティング

特定のモバイルからTwitterへアクセスしているユーザーをターゲティング出来ます。

⑥キーワードターゲティング

ツイート内容やTwitter内の検索欄で、特定のキーワードが含まれた、又は調べた事のあるユーザーへ配信する事が可能です。特定キーワードは、部分一致・フレーズ一致か選べ、除外キーワードの設定も可能です。

➆地域ターゲティング

都道府県レベルでの設定が可能です。

⑧テイラードオーディエンスターゲティング

テイラードオーディエンスでは、各社独自のマーケティング用の顧客リスト(CRMリスト)を使ってTwitterの特定のユーザー層をターゲティングします。

まとめ

リアルタイムに広告配信が出来るTwitter広告は、CPCも安価に収める事が出来ます。その為、上記様々な角度でのターゲティング機能を理解し駆使する事で、若年層に効果的なプロモーションが出来るはずです。

ぜひこの機会に、Twitter広告を検討してみては如何でしょうか?