WEBコンサル・営業支援で売上アップ・コスト削減・効率化|アサーティブ

06-4394-8765

〈初心者向け〉Googleアナリティクスで何が分かるのか。

目次

1.Googleアナリティクス(通称GA)とは?

2.Googleアナリティクスで何が分かるのか(基本編)

3.Googleアナリティクスに出てくる基本用語の解説

4.これだけはGoogleアナリティクスで具体的な数字をチェックしてみよう

5.難しくて分からない、、そんな時は専門家に相談してみよう

1.Googleアナリティクス(通称GA)とは?

Googleアナリティクスはだれでも使える無料ツールで、ウェブサイトのアクセス解析を簡単に行うことができます。

訪問したユーザーの動きがリアルタイムで記録されるので、ページビュー数を上げるために掲載しているコンテンツの内容やサイトの構成の検討に参考になるのはもちろんのこと、ECサイトの運営では取扱商品のマーケティングにも大いに役立つツールです。

初心者から上級者まで活用できる幅広い機能を兼ね備えているので、サイト分析はこれだけでも十分という人も多いのです。

2.Googleアナリティクスで何が分かるのか(基本編)

では実際に何がわかるのでしょうか。今回は基本編としてその機能の一部をご紹介します。

Googleアナリティクスでは、訪問者の属性や行動を把握できるので閲覧しやすく使い勝手の良いサイトデザインの検討や、目的の商品ページに辿り着いて消費行動を決断してもらうまでの導線の整備などのマーケティングやプランニングに役立つ情報の宝庫です。

いずれの情報も専用サイトにログインしてから画面左のメニューをクリックするだけの簡単な操作でシームレスに閲覧してデータの解析が行えます。

リアルタイムレポート

リアルタイムレポートではサイトの訪問者数がリアルタイムにカウントされるのに加えて、セッションではサイトに訪問してから閲覧を終了するまでの間にどのページを見ているのかを知ることができます。

トラフィック

トラフィックのチャネルでは、当該のサイトに辿り着くまでにサーチエンジンの検索結果のリンクをクリックしたのか、広告のリンクをクリックしたのか、それともブラウザのお気に入りをクリックしたのかなど訪問者はどこから来たのかを解析できます。

モバイルの概要

モバイルの概要では、訪問者がサイトを閲覧するために使われたデバイスが記録され、パソコンなどを表わすdesktop、スマートフォンなどを表わすmobile、タブレット端末を表わすtabletの3種類に分類されています。

3.Googleアナリティクスに出てくる基本用語の解説

Googleアナリティクスに出てくる基本的な用語をピックアップしてご紹介します。

<セッション>

セッションは訪問者がサイトに訪問してから閲覧を終了するまでの一連の行動を指し、平均セッション時間はセッションが開始されてから終了するまでの時間の平均値を算出したものです。

<ページビュー>

ページビュー数はサイト内のそのページが閲覧された回数を表わし、それぞれのページの人気や不人気を判断できます。

<ページセッション>

ページセッションは1回のセッションでいくつのページが閲覧されているのかを知ることができます。

<直帰率>

直帰率はサイトを訪れたにも関わらず他のページを閲覧することなくセッションを終了した率を数値化したものです。

<新規セッション>

新規セッション率はサイトに全訪問者のうち初めて訪問したユーザーのセッションの割合を表わし、この数値が高ければ新規の訪問者を取り込んでいることが分かります。

<トラフィック>

トラフィックは直訳すると英語で交通を表わし、インターネットの場合は訪問者がどのような経路を利用して辿り着いたのかを記録するものです。

<オーガニックサーチ>

オーガニックサーチは自然検索とも呼ばれ、訪問者がサーチエンジンを利用して検索を行いリンクをクリックしてサイトに訪問するまでの一連の動きを自らの判断で能動的に行ったことを表わします。

4.これだけはGoogleアナリティクスで具体的な数字をチェックしてみよう

<コンバージョン>

「コンバージョン」はサイトを訪問してもらうのは大前提として、そこから商品を購入してもらったり資料請求をしてもらうなどの成果を確認することが可能です。(コンバージョンを閲覧するには、別途設定が必要になります。)

<ユーザー>

「ユーザー」では、訪問者ひとりひとりについて、どんなデバイスを使用してどんな方法でサイトまで辿り着いたのかをはじめ、セッション中にどのような経路でどのページを閲覧したのか、最終的に商品を購入したのか、それとも何も購入せずに離脱したかなどの属性や行動を解析することができます。

<集客>

「集客」では訪問者がサーチエンジンの検索結果から辿り着いたのか、広告のリンクをクリックして辿り着いたのかなど、どんな方法で訪問したのかが分かり、項目別に数値化されグラフで比較することができます。

<直帰率>

「直帰率」では当該のサイトに辿り着いてから何も行動せずに離脱した率を表わし、そのページのデザインや他のコンテンツへの導線の工夫の余地があります。

<ランディングページ>

それと関連して「ランディングページ」は訪問者が最初に訪れたページを表わし、どの出入口から顧客が集まっているのかを確認できます。

5.難しくて分からない、、そんな時は専門家に相談してみよう

Googleアナリティクスには個人の熟練度を判定するGoogleアナリティクスの認定資格(GAIQ)が制定されています。

Googleアナリティクスは、分析できることが幅広く、初心者から上級者まで利用しているツールです。どうすれば良いかわからないという方は、認定資格を持った専門家にご相談されることをおすすめします。実際、一から勉強する時間と労力、そして費用対効果を考えると相談した方が良いケースも多くあります。