WEBコンサル・営業支援で売上アップ・コスト削減・効率化|アサーティブ

06-4394-8765

YDNバナーサイズ一覧

YDN(Yahoo!ディスプレイアドネットワーク※以下YDNに省略)とは、Yahoo!が提携している様々な面へ掲載が出来るディスプレイ(バナー)広告です。細かなターゲット指定で狙った顧客層向けて広告を配信することができ、バナー画像利用してビジュアルを工夫して訴求することで高い効果を出すことができるため、多くの企業で導入されています。

二度手間なし!YDNの入稿規定を知っておこう

YDNは利用できるバナーサイズが決まっている他、画像ファイル形式やYDNが提供するテンプレート広告についても入稿規定があるため、発注のやりとりの短縮化やその後の配信設定の調整をスムーズにするためにも、入稿規定を把握しておくことはとても大切です。

表示させたいデバイスでバナーサイズを決めよう

YDNでは表示させたい媒体ごとに必要な画像サイズが異なります。

・パソコンとスマートフォン共に利用可

・パソコン・タブレットのみ利用可

・スマートフォンのみ利用可

一覧表を参考に表示させるデバイスに応じてバナー画像を作成しましょう。

※大画面スマートフォンやタブレットでも高画質配信を可能にするため、

「600×500」「640×200」「640×100」ピクセルサイズの画像は、それぞれ従来の「300×250」「320×100」「320×50」ピクセルサイズは、従来の2倍のサイズになっています。

※スマートフォンでの実際の表示を確認する際は、Yahoo!Japanの公式サイトで提供しているシュミレーターを使ってみましょう。

画像広告のスマートフォン表示シミュレーター

(https://topics-arketing.yahoo.co.jp/tool/flexible_creative_simulator/)

※全ての画像を作成するのはコストも時間もかかってしいますので

「300×250」「728×90」「320×50」の3種類を用意することをおすすめしています。

使える画像のファイル容量を知っておこう

YDNで利用できるファイルサイズは、画像の大きさにかかわらず「150KB以下」と規定で決まっています。せっかくバナーを作成しても、容量が大きすぎる場合、配信できないので注意しましょう。

利用できる画像の形式を把握しよう

YDNで利用できる画像形式は以下になります。画像ファイルを出力する際は出力形式に注意しましょう。

【ファイル形式】

・JPEG(RGB形式のみ)/拡張子「.jpg」「.jpeg」

・PNG/拡張子「.png」

・GIF89a/拡張子「.gif」

※背景を透過したタイプの画像や、FLASHバナーは利用できません。

※GIFアニメーション画像はキャンペーンタイプが「ターゲティング」を選択した時のみ可能です。サイズは320×50のみ。

レスポンシブでの広告配信について

レスポンシブとは?YDNではレスポンシブ形式の広告配信が可能です。この広告はテンプレート広告とも呼ばれ、この広告形式を利用することで表示先のデバイスや掲載面のサイズに合わせて、画像が自動的に最適なサイズにトリミングされます。そのため複数のサイズを予め用意する必要がなく、広告主の負担を軽減できるため導入が進んでいます。また最近注目されている「インフィード広告」の配信で必要となりますので、注意点を把握しつつ、ぜひ活用していきましょう。

レスポンシブ形式の入稿規定

レスポンシブ形式の入稿規定は他の形式と少し異なりますので注意しましょう。

【ピクセルサイズ】

・300×300

・1200×628

【ファイル形式】

・JPEG(RGBのみ)・・・拡張子「.jpg」「.jpeg」
・PNG・・・拡張子「.png」

・GIF89a・・・拡張子「.gif」

【ファイルサイズ】

150KBまで

※バナー画像のサイズは掲載する画面にあわせて最大6分の1まで縮小されて表示されるほか、画像の上下もしくは左右が最大それぞれ15%トリミングされて表示されますので、トリミングや縮小に耐えることのできる画像をデザインする必要があります。

※縮小された画像やトリミングされる可能性のある範囲は、「画像表示シミュレーター」で広告掲載前に確認できます。

※インフィード広告は、画像とは別にテキストの入力は必須事項となっています。

目的・ターゲットに沿ったバナー制作を!

ディスプレイ広告を行う場合、ある程度ターゲットをしたうえで行うケースが多いでしょう。その際は対象となるユーザーがどのデバイスを利用するのか、どんな面を見る可能性があるのか、そのためにどこに広告を出したいのか、どんな訴求やビジュアルが響くのかを事前にイメージしながら制作をしていきましょう。クリエイティブにしっかりとこだわるためにも、YDNバナーの基本をしっかり押さえて準備をすすめていきましょう。