WEBコンサル・営業支援で売上アップ・コスト削減・効率化|アサーティブ

06-4394-8765

Googleアドワーズ広告の特徴まとめ

目次

  • Googleアドワーズでできることって?
  • 検索広告とディスプレイ広告
  • どういった広告が出せる?
  • 課金の仕組み
  • ターゲット選定 どこまで絞り込める?
  • その他拡張機能(追加オプション)
  • まとめ

1 Googleアドワーズでできることって?

Googleアドワーズは、Googleが提供するクリック課金制のインターネット広告のことをいいます。(PPC広告ともいいます)テレビやラジオCMのように不特定多数の人に視聴してもらう広告とは違い、広告主が売りたい商品と、その商品を探しているユーザーをネットの画面上でマッチングさせ、資料請求や商品購入に結びつける広告です。

Googleアドワーズは大きく検索連動型広告とディスプレイ広告に分類されます。

その他には動画広告や、リッチメディア広告などもありますが、代表的なものは検索型広告と、ディスプレイ広告です。

また、GoogleAnalyticsなどのアクセス解析ツールとの連携も可能で、様々な観点から分析した内容をもとに広告配信できるメリットもあります。

検索広告とディスプレイ広告とは?

Googleアドワーズは、Yahoo!プロモーション広告と同じく、検索連動型広告とディスプレイ広告の2種類に分類され、通常、リスティング広告と言われています。

検索連動型広告とは、ユーザーが特定のキーワードで検索した際に表示される広告のことです。

一方、ディスプレイ広告(GDN)は、ウェブサイトやアプリケーション、YouTubeなどの動画サイトに表示される広告のことで、ユーザーが閲覧しているサイトや動画に関連した広告等が表示されます。

3 どういった広告が出せる?

Googleアドワーズで出せる広告形式は以下のとおりです。

テキスト広告・・・Google 検索結果の上部や下部に表示されます。広告見出し、表示 URL、広告文の 3 つの要素で構成される文字だけの広告です。

イメージ広告・・・バナー広告やディスプレイ広告とも呼ばれ、画像形式の広告で、

コンテンツネットワークを指定したキャンペーンで利用できます。

商品リスト広告・・・Product(商品) Listing(リスト) Ads(広告)=PLAとも略されるGoogle アドワーズの広告サービスの一つです。「Google検索結果画面」と「Googleショッピング」に商品広告を掲載することが可能となります。

動画広告・・・動画形式の広告。YouTube等に配信することが可能です。最近では需要が高まっており、訴求効果も高いと言われています。

アプリ広告・・・アプリケーションソフトの操作画面上に表示される広告です。

4 課金のしくみ

Googleアドワーズでは、1日あたりの広告費を自由に設定できることが大きな特徴です。

課金形式は、「クリック単価制」・「インプレッション単価制」・「目標コンバージョン単価制」の中から選択し、それぞれ下記のように費用が発生します。

クリック単価制

クリック単価(CPC)制は、広告のクリックに対して料金が発生するシステムです。

インプレッション単価制(GDNのみ)

広告1000回表示に対する広告費の上限単価を設定し、表示に応じて課金されるシステムです。

目標コンバージョン単価制(旧コンバージョン オプティマイザー)

設定した目標値の水準にコンバージョン単価を維持しつつ、コンバージョン数を最大化するように入札単価を自動的に調整できるシステムです。

5 ターゲット選定 どこまで絞り込める?

リスティング広告では、「人(ユーザー)」と「場所(プレースメント)」でターゲティングが可能です。

以下のようにターゲットを絞りこむことが可能です。

配信する人を絞り込む

①過去のサイトへの訪問履歴で絞り込む
過去にサイトを訪問した人に絞り、追跡して広告を配信することが出来ます。これを「リマーケティング」と言います。(Yahoo!プロモーション広告ではリターゲティング)

リマーケティングタグというタグをサイト内に設置することで、訪問履歴が分かります。

そして、その情報をもとに広告を配信していきます。

②興味関心での絞り込み
ユーザーの興味関心事項に沿ってターゲティングを行います。「アフィニティカテゴリ」や「カスタムアフィニティカテゴリ」等がこれに該当します。

③その他
地域、曜日、時間帯や、デモグラフィックデータといわれる年齢、性別や子供の有無などでも絞り込むことが出来ます。

掲載場所を絞り込む

  • プレースメントターゲティング
    指定したURLのサイトに広告を配信するターゲティングで手動プレースメントとも言われます。成人向けサイトなど、配信したくないサイトを除外する際にも使用します。
  • コンテンツターゲティング
    特定のキーワードやトピックを設定し、それらに関連したサイト等に広告を配信するターゲティングです

6 その他拡張機能

広告表示オプション

Googleアドワーズでは、広告表示オプションという基本の広告設定に加え、次のような情報を表示することが可能です。

コールアウト(Yahoo!プロモーション広告ではテキスト補足オプション)

サイトリンク(Yahoo!プロモーション広告ではクイックリンク)

構造化スニペット(Googleアドワーズのみ)

電話番号表示オプション

価格表示オプション

住所表示オプション

電話番号表示オプション

アプリインストールオプション

これらは別料金が発生するものではなく、タイトル文、説明文以外に様々な情報を追加できるので、少し手間はかかりますが、設定しておくことをお勧めします。

ただし、掲載承認が下りていないと表示されませんので、設定作業後の承認チェックはお忘れなく。

7 まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はGoogleアドワーズでできることを簡単にまとめてみました。次回はYahoo!プロモーション広告についても説明していきます。

リスティング広告を始めてみたいという方や、クライアントの運用担当を任された方は、最初は何のことやら…と思うかもしれません。インターネット広告は日々、新たな技術革新で驚くべき進化を遂げています。今からでも全然遅くはありませんので、まずは基本を知るっことが大切です。その後、応用していきながら、効果的な広告運用でクライアントや、自社の広告効果を最大限にできるように日々様々な情報を取得しておくことが重要ですね。